« 世界初、先住民による光のフェスティバルがアリススプリングスで開幕、大規模なアート・ショーに注目! | トップページ | 2016年12月、カンタス航空メルボルン―成田便が8年ぶりに日本の空に戻ってくる! »

クリーン&グリーンを推奨、風力・ソーラー発電が40%以上を占めるサウス・オーストラリア州豪アデレードで9万世帯が大停電に!

9月28日、サウス・オーストラリア(SA)州にスーパー・ストームが襲来、午後から一晩中停電がつづき167万の住民に影響を及ぼし、その間公共のバスや電車が麻痺、空港閉鎖、すべてがシャット・ダウンする事態が起きました。 翌日のニュースでは、この停電の原因は、50年に一度くらいにやって来ると言われるストームの規模の大きさからなのか、それとも再生エネルギーを大きく推奨しているSA州のインフラの失敗なのかで意見が大きく分かれ、州首相、連邦エネルギー大臣や専門家のあいだで賛否両論がかもし出されました。

風を利用するはずの風力発電がスーパー・ストームで停止?!

風力タービンは風が強すぎると止まってしまう!! 風力発電は、風を利用して発電するから風が強ければ強いほど発電力が高まるのかと思いがちですが、実は風力発電に使われるタービンは、大きな嵐などの強風時には故障を避けるために停止するようです。さらにこのスーパー・ストームは、20以上の送電線を破壊、電力を運ぶ発電網、グリッドなどに影響を及ぼし、機械故障を避ける安全装置が働き電力の供給を停止させたのです。

クリーン&グリーンを推奨、風力・ソーラー発電が全体の40%以上を占めるサウス・オーストラリア州は大丈夫なのか?

SA州は、風力・太陽光・ガスなどの再生エネルギーを利用して、オーストラリアの他州に比べ環境を重視したエネルギー源を使っています。ガスによる発電は、石炭による発電より50%も地球環境に優しいと言われていて、今年5月、石炭による発電所を閉鎖したばかり。この閉鎖により緊急時やピーク時のバックアップができるエネルギー源が少なくなったとも言われています。

再生エネルギー見直しよりも、現存する送電網やインフラの見直しが必要

今回のスーパー・ストームによる大停電の原因は、SA州が風力発電に頼りすぎたことが悪いケースのお手本のように説明する人がいます。でも気候変動にともない大きなストームの襲来は増加していくことでしょう。50年に一度ばかりか、今後は毎年やって来ることも考えられます。

地球温暖化や気候変動を防ぐために再生エネルギーが大きく見直されていますが、エネルギー源ばかりではなく送電システムやインフラの見直しが追求されているのではないでしょうか?

一日も早いSA州の復興を祈りつつ。


情報源:

http://www.abc.net.au/news/2016-09-28/sa-weather-'serious-questions'-must-be-answered-frydenberg-says/7886262

http://www.abc.net.au/news/2016-09-29/sa-weather:-no-link-between-blackout-and-renewables-expert-says/7887052



|

« 世界初、先住民による光のフェスティバルがアリススプリングスで開幕、大規模なアート・ショーに注目! | トップページ | 2016年12月、カンタス航空メルボルン―成田便が8年ぶりに日本の空に戻ってくる! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257006/67719980

この記事へのトラックバック一覧です: クリーン&グリーンを推奨、風力・ソーラー発電が40%以上を占めるサウス・オーストラリア州豪アデレードで9万世帯が大停電に!:

« 世界初、先住民による光のフェスティバルがアリススプリングスで開幕、大規模なアート・ショーに注目! | トップページ | 2016年12月、カンタス航空メルボルン―成田便が8年ぶりに日本の空に戻ってくる! »