« Facebookに救われた日、セントラル駅で失くしたお財布が戻ってきた!! | トップページ | こんなことがあっていいの?を連続して体験!人への親切はほどほどにするべきなのか? その1 »

食品模型の生みの親のひとり岩崎氏の生誕121年を記念して、Googleのロゴがとっても可愛い和食文字に?!

 

今朝、PCを開けたらGoogleのロゴが和食のおもちゃ?みたいでちょっと気になりいろいろと調べてみました。

Googleのロゴがおもしろく変わるのは皆さまご存知ですよね。今度はどんなロゴだろうと楽しみにしている人も多いと思われます。

これらはDoodlesと呼ばれ、たとえば感謝祭ならターキーのお料理、クリスマスならツリーやサンタなど、ホリデーをお祝いしたり、歴史の先駆者をはじめ映画界、芸術や科学などの著名人の生誕を記念したりしてデザインが決められるようです。

Doodleを訳すと「いたずら書き」、まさしくデザインの遊び心をそのままにロゴにした感じです

今回のDoodleは、日本の食品模型の生みの親である岩崎瀧三氏の生誕121周年をお祝いして和食サンプルがロゴに選ばれました。

天丼・天ぷら蕎麦・オムレツ・お弁当箱・クリームソーダ・ホットケーキが並べられて、ちょっとGoogleって読みにくいかな!というものですが、とっても可愛いからモンクなしです。
今回は、オーストラリア・ハンガリー・アイスランド・インドネシア・日本・ポルトガル・シンガポール・韓国・スエーデン・台湾の国々のGoogleのページでこのロゴが使われているようです

この生誕121周年をお祝いする岐阜県郡上八幡出身の実業家岩崎瀧三氏は、当時流行りだしていた食品模型の事業化に初めて成功した人であり、奥さんの作ったオムレツが最初の模型作品だったそう。
食品模型の発祥は、岩崎氏以外に白木屋の飲食物の見本を作った須藤勉氏や京都にある模型製造業者の土田氏と西尾氏などがウィキペディアに上げられています。

これらの先駆者によって製作された食品模型は、大正時代から昭和初期にかけて考案された手法であったようで、料理店やレストランに入る前に本物そっくりなメニューが陳列されていたのは当時きっと画期的なアイデアであったことでしょう

日本にいるとお店に入る前に食品サンプルを見るのは当たり前のことですが、海外ではめったに見たことがありません。ここ近年、シドニーでも和食レストラン などではサンプルを見かけることもありますが、まだまだオーストラリアン、イタリアンなど他国籍の料理店では一度も見たことがありません。
通常、黒板やメニューに文字で書かれていますが、読むのが大変というのが本音。

数か月前、イタリアのベニスやフランスのディジョンの小さなレストランに入った時、もちろんメニューはイタリア語かフランス語のみで翻訳機で必死に訳してオーダー。日本で陳列されている模型、せめて写真でもあったらな~とどれだけ思ったことでしょう。

海外から日本に訪れた外国人がレストランの前でサンプルを見てお店や食事を選べるのはとても便利なことです。それにあんなに巧妙にできたサンプルに大いに食欲を誘われるのは言うまでもありませんね。

海外での日本食ブームはずっとつづいていますが、小さな和食のおもちゃをはじめお寿司の消しゴムやキィホルダーなど、まわりの子供達には大人気になってきました。
今後、このサンプル産業が海外に向けて大きく飛躍するのがとても楽しみです

情報源:https://www.google.com/doodles/about

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB

 

|

« Facebookに救われた日、セントラル駅で失くしたお財布が戻ってきた!! | トップページ | こんなことがあっていいの?を連続して体験!人への親切はほどほどにするべきなのか? その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257006/67457281

この記事へのトラックバック一覧です: 食品模型の生みの親のひとり岩崎氏の生誕121年を記念して、Googleのロゴがとっても可愛い和食文字に?!:

« Facebookに救われた日、セントラル駅で失くしたお財布が戻ってきた!! | トップページ | こんなことがあっていいの?を連続して体験!人への親切はほどほどにするべきなのか? その1 »