« あの有名俳優ジョニー・デップ氏であろうがオーストラリア当局は容赦なし?!愛犬2匹が国外追放か安楽死の選択に迫られている! | トップページ | ソーシャルメディアでおなじみの絵文字が「EMOJI」として新しい世界共通語になりつつある! »

Sydney的土曜の夜の楽しみ方! 和太鼓の響きに魅了された夜  at Goodgod small club

我が家からシドニー市の中心地Cityまで(アメリカではダウンタン、ここではシティと呼ばれている)車で20分ほどなのに仕事や用事がなければあまりCityに足を運ぶことはありません。

でも、昨夜はちょっと趣をかえて仲の良い女友達とオーストラリアを代表する和太鼓軍団、TaikOzのライブに出かけました。

育ちざかりの子供を4持つ友達は毎日家事と子育てに追われつつ「こんなガールズナイトアウトの機会はない!」と大喜び。私も夜のお出かけはウン年ぶり?と、少々興奮気味のオバサン2人はウキウキ気分で会場に向かいました。

TaikOzの日本語リエゾンをしていてミュージシャンとつながり、またオーストラリアにいながら本場の和太鼓が聴けるのはとても喜ばしいこと。過去のコンサートやワークショップについてはこのブログでも何度か紹介してきました。

昨夜のライブは、タウンホールから約7分ほどのGoodgodと呼ばれる異国情緒の漂うレストランの奥にある小さなホールで開催。Small Clubという名の通り、ほんとうに小さなホールに大太鼓、桶太鼓などさまざまな太鼓が並べられ、後ろにはバーのカウンター、観客はギュウギュウの総立ち状態。それでも私達は早めに行ったので太鼓の目の前、真ん中の床に座り込み、最高の席を確保!!Lucky!

このグループの醍醐味は、本場日本の林英哲氏や鼓童さんから学んだ太鼓の技、尺八や篠笛、チャッパ、手拍子などを西洋楽器と素晴らしくハーモナイズさせていくこと。昨夜はシンセサイザーやドラムセットも登場。三宅島の津村師匠から直々伝承された三宅太鼓のポーズは、ギリシャ神話の銅像を思わせるかのよう。力強い撥さばきの中にも美しさが漂い、観客一同が感動の渦に巻き込まれていきました。

和と洋を巧妙に合わせたTaikOz独自の演奏法は日本の伝統音楽である和太鼓をオーストラリア中に展開しており、それにともない和太鼓を愛するオーストラリア人が増えていくのはこの上なく嬉しいことであります。

ライブを終え、胸も身体も熱くなった会場を一歩外に出ると、あっという間にシドニーの大都会の喧騒に巻き込まれました。ホームレスに無料で食事を配るテントが張りだされ、酔っ払いが騒ぐなか・・・帰りのバスがちっとも来なくって・・・・涙。でも、今夜はいつもと違った心地良さが心に残り大満足のガールズナイトアウトとなりました。

ぜひぜひ日本の皆様にも味わってもらいたいTaikOzです。

 

|

« あの有名俳優ジョニー・デップ氏であろうがオーストラリア当局は容赦なし?!愛犬2匹が国外追放か安楽死の選択に迫られている! | トップページ | ソーシャルメディアでおなじみの絵文字が「EMOJI」として新しい世界共通語になりつつある! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257006/60028396

この記事へのトラックバック一覧です: Sydney的土曜の夜の楽しみ方! 和太鼓の響きに魅了された夜  at Goodgod small club:

« あの有名俳優ジョニー・デップ氏であろうがオーストラリア当局は容赦なし?!愛犬2匹が国外追放か安楽死の選択に迫られている! | トップページ | ソーシャルメディアでおなじみの絵文字が「EMOJI」として新しい世界共通語になりつつある! »