« 今どきの子供の誕生日会? プレゼントに注文をつける親たち?!  | トップページ | 2014年、豪メルボルンカップの結果が大きな波紋を呼ぶオーストラリア     その2 »

競馬レースの馬は酷使され過ぎ? 豪メルボルンカップのレース後に日本馬が死亡!その1

114日、オーストラリアでは国民すべてが競馬のレースに釘付けになってしまうほどの大イベントであるメルボルンカップが開催されます。NSW州のお隣りヴィクトリア州では、この日は祝日となり老若男女お祭り騒ぎをして賑わう日。多くの人々が背広やドレスに正装して、シャンパングラスを片手にファッションや競馬レースを楽しむ国家の文化的なイベントでもあります。

今年は天候にも恵まれて、メルボルンのフレミング競馬場だけではなく、各地の競馬場には多くの人々が奇麗に着飾り集まった模様、そんな中、耳を疑うようなとてもショックなニュースが入ってきました。

今回のメインレースでは、一番人気が高く優勝候補になっていた日本から参戦した馬、アドマイヤラクティがレースの結果は最下位、そしてレース後に死んでしまったのです。これにはオーストラリア中、また日本から駆けつけてきた競馬ファンも大きなショックを受けました。一般人ですらショックですから、この馬の騎手、トレーナーや関係者はきっと信じられない結果に動揺しきっていることでしょう。

このアドマイヤラクティは、数週間前のCaulfieldカップで優勝を遂げ、誰もがこのメインレースで優勝するのでは?と思っていたほどの馬です。今朝、我が家では娘とふざけて、「賭けるならこの日本馬ね」と話していたばかり。というのも何年か前にこのメインレースで日本馬が12位の王冠を手にしたことがあったのです。

ニュースでは心臓発作だったのかもしれないと話していますが、まだ解剖中で死因を解明していないのが現在の状態です。さらに同レースに出場した他の馬であるアラド―は、足の骨を折り瀕死の状態と言われています。

正直言って、競馬にはあまり興味はないけれど、馬は大好きで、つい最近乗馬を楽しんできたばかりの私は「こんなことがあるのか?」という悲痛な気持ちでいっぱいになりました。

それでも、いろいろとニュースを調べていくうちに発見したことは、競馬レースで馬が死ぬのは珍しいことではないようです。過去、オーストラリアでは、125匹の馬がレース中、またレース終了直後に死んでいます。馬を苛酷に扱う競馬のレースに反対する団体は、この時期に合わせて、メルボルンで最も混んでいる道路に、実際にレースで死んだ馬の写真を大きく看板にして立て、反競馬レースを唱えていたほどです。

そんな馬への心配はどこへやら、メルボルンカップのお祭り騒ぎはどんどんエスカレートしていくばかり。今回のアドマイヤラクティの死が今後の競馬の在り方やなんらかの影響を及ぼしてくれるといいなと願うのですが・・・ 検死の結果を待つしかないようですね。

http://www.theage.com.au/sport/horseracing/melbourne-cup-2014-lastplaced-admire-rakti-dies-20141104-11gpjk.html

|

« 今どきの子供の誕生日会? プレゼントに注文をつける親たち?!  | トップページ | 2014年、豪メルボルンカップの結果が大きな波紋を呼ぶオーストラリア     その2 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257006/57886624

この記事へのトラックバック一覧です: 競馬レースの馬は酷使され過ぎ? 豪メルボルンカップのレース後に日本馬が死亡!その1:

« 今どきの子供の誕生日会? プレゼントに注文をつける親たち?!  | トップページ | 2014年、豪メルボルンカップの結果が大きな波紋を呼ぶオーストラリア     その2 »