« オーストラリアのプラグ騒動、日本の電気店めぐりこぼれ話       その1   | トップページ | 3時間のシンデレラ! NSW ArtGallery能と狂言の特別展に着物でお出かけ »

我が家にやってきた可愛い新品のラップトップ

シドニーの寒空の中、娘のインターンシップが始まり、出社初日、にこにこ顔で新しいラップトップを抱えて帰ってきました。娘は今年3月から工科大学でITを勉強し始めたのですが、それと同時にある会社のインターンシップにも受かり、7月中旬から会社員となったのです。

ここで、え?学生と社会人?と、不思議に思われる方もいると思われるのでかんたんに説明すると・・・

大学生のインターンシップと言うと夏・冬休みだけなど、会社によっていろいろとタイプがありますが、娘のは大学の前期を学生、後期は月から金曜日の9時から5時までフルタイムで会社で働くというもの。通常、こちらの大学は学ぶコースや取り方により34年で卒業できますが、(もちろん、ある程度の成績を収めた上であり、そうでなければ落第か卒業できません)娘の場合、後期は夜のクラスを取りながら仕事に就き、卒業には少し時間が長くかかるかもしれません。

それでも、このインターンシップは有給、また卒業と同時に仕事の経験を2年積み、また卒業しても職探しの心配もないという、とても良い制度と思われます。

話が少しずれていってしまいましたが、娘のラップトップにはちょっとこぼれ話があるのです。

娘は、ごくごくふつうの子供のように小さい時から任天堂のゲームが大好きでした。さらにシドニーでは小学校の低学年から教室にはコンピューターが置かれ、家でも私のコンピューターをよく使い、算数・国語・歴史などのゲームやナンシードルゥなどの探偵ものゲームなどがお気に入りでした。

そんな彼女がハイスクールに入った時(日本の中学1年)、ITInformation Technology)の特別クラスに入りたいと言い出しました。その時に高校で一括して購入したコンピューターは3000ドル(役30万円)。6年前のその当時は団体で買うのだし生徒割引とかはないの?と思えましたが、日頃から「あれが欲しいこれが欲しい」と言わない子なのでやむを得ず購入。

その高い!コンピューターは大金を払ったとは思えないひどいもので・・・保険付であったのにもかかわらず、修理は一回まで。いくつかのキイが無くなりボロボロ状態、そんな時、豪政府が10年生の生徒すべてにラップトップを提供するということになり、娘の手元には小さな新しいラップトップが届いたのです。

学校用のものだからインターネットの制限付き、ワードとエクセルくらいしか使えない、聞いたことも無いメーカーのコンピューターではあったのですが娘は大喜びでした。

そして、その政府からいただいたラップトップはなかなかの優れもので実はまだ動いているのです。今年の3月大学に入った時、その古いラップトップを見かねた私は新しいコンピューターを買おうかと娘に話していました。しかし、ちょうど自分のコンピューターも買い替えの時期に来ていたので、「私はこれでいいから、お母さんのを先に買って」と言い張り断固としてゆずりませんでした。

大学のITクラスに政府からもらった古い小さなラップトップを持っていき、クラスのみんなにからかわれていたようでしたが、娘はそんな声も無視をしていました。

そして、今社会人の仲間入りをした娘の手元にインターンシップの会社から新しいラップトップが届いたのです。

今度のラップトップは政府からもらった名の無いメーカーのようなシンプルなものではありませんでした。可愛いコンピューターバッグに入った小さな薄型は最先端のもの。

社会人のスーツ姿がまだまだ気心地が悪そうな娘ですが、新しいラップトップを持つと、どこかビジネスウーマンっぽく見えるのは親ばかでしょうか。もう大学の夜のクラスであの子のラップトップをからかう人なんかはきっと居ないでしょう。

|

« オーストラリアのプラグ騒動、日本の電気店めぐりこぼれ話       その1   | トップページ | 3時間のシンデレラ! NSW ArtGallery能と狂言の特別展に着物でお出かけ »

十代の子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257006/57017041

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家にやってきた可愛い新品のラップトップ:

« オーストラリアのプラグ騒動、日本の電気店めぐりこぼれ話       その1   | トップページ | 3時間のシンデレラ! NSW ArtGallery能と狂言の特別展に着物でお出かけ »