« 子供と大人の狭間を行ったり来たり、いまどきのシドニーっ子?!  | トップページ | キャンベラと「ゴールド&インカ展」、娘と2人旅、無事に終わる! »

ギャップ・イヤー! こんな制度が日本にも広がるといいな!   

昨日、娘が、「高校時代の友達のひとりが入学したばかりの大学を辞めてギャップ・イヤーを取ることにした」と話し出しました。「え、まだ始って2週間くらいなのに?もう辞めたの?」と驚いたのですが・・・

*オーストラリアの大学は3月から新学期

まず、皆さんは、ギャップ・イヤーという言葉をご存知ですか?

高校を卒業してから大学に入る前に、ボランティア活動、会社のインターンシップや仕事、旅行などをして、大学への入学を一年間ずらすことをギャップ・イヤーと呼んでいます。

元来、ヨーロッパでは盛んに取り入れられているシステムであり、ここオーストラリアでもごくごく普通のこと。近年、アメリカでもギャップ・イヤー制度を奨励する大学が増えてきています。詳細は以下のサイトにありますが、大学によっては、この制度の候補者を海外ボランティア活動に送ったり、一年間の滞在費、航空費、ビザの手数料などの援助をしている大学もあります。

どうしてこのような制度が増えてきているかというと、高校で勉強漬けになり、その後すぐに大学に入り、また4年間みっちり勉強する前に休憩を取る必要性があること。また会社という現場に出たり、社会的にも様々な経験を積み、世界に出ることが、若者の心や感受性を豊かにするからだと思われているようです。

娘の友達の話に戻りますが、彼女は大学に行くことに疑問があったものの、親の言いなりになり、進学を決めたよう。でも実際に大学生活や授業が始まると、違和感が大きくなっていったのです。驚くのは、入ってすぐに辞めると決めたこともありますが、その前に、親の言いなりで大学に入ったことでした。私の知る限りですが、まわりのアジア系の親には、子供の進路を親が決めるという傾向がまだまだ根強く残っています。多くの中国やシンガポール系の親御さんは、将来の子供の職種は弁護士か医者が当たり前と思っています。子供の意思は無視、子供も親に従うパターンが多いのです。

そんな中、自分に正直になりギャップ・イヤーを取ろうと決めた娘の友達、そしてその娘の決断を許した親には感心します。

日本でも、高校の受験地獄で苦しんだ生徒や大学でも真面目に勉強に励む生徒には、こういったギャップ・イヤーがあったらいいなと思えますが、アルバイトや遊びに夢中になる大学生は、もうすでにギャップ・イヤーを体験しているのでしょうね。

 

情報源:American colleges offering to pay students to take a year off

http://www.dailynews.com/general-news/20140314/american-colleges-offering-to-pay-students-to-take-a-year-off

|

« 子供と大人の狭間を行ったり来たり、いまどきのシドニーっ子?!  | トップページ | キャンベラと「ゴールド&インカ展」、娘と2人旅、無事に終わる! »

十代の子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257006/55377660

この記事へのトラックバック一覧です: ギャップ・イヤー! こんな制度が日本にも広がるといいな!   :

« 子供と大人の狭間を行ったり来たり、いまどきのシドニーっ子?!  | トップページ | キャンベラと「ゴールド&インカ展」、娘と2人旅、無事に終わる! »