« オージーが自国選手を応援しない理由!             Australian Open2013 | トップページ | 世界で最も生活費の高い都市 東京大阪につづきシドニーが第三位に! »

地球災害縮小版! 山火事と洪水に襲われるオーストラリア  

2013年夏、ここオーストラリアは過酷な気候に見舞われつづけている。山火事で家屋すべてを焼失した人、家の地上階の半分以上が浸水した人、悲惨な光景をニュースで目にする。

1月前半、西オーストラリア州やビクトリア州に猛暑が遅い、17日にはNSW州シドニーも46℃という史上初の気温を記録した。気温上昇=山火事、さらに乾燥した強風が続けば山火事は拡がる一方で止むことを知らないオーストラリアである。

ニュースでは1月中旬からビクトリア州のあちこちで山火事が燃え盛る画面を観てきたが、その画面が昨日からクイーンズランド州を襲っている洪水の画面に変わった。

26日には同州多くの郊外で洪水警報が出され、今日は非難勧告も発令している。天気予報では、あまり聞かない言葉、’torrential rain’(集中豪雨)が頻繁に使われていることからも、人々は警戒する意識を持つ必要があり被害が大きくなることが予想される。

この豪雨は、元サイクローンOswaldの影響を受けており、亜熱帯低気圧は南下をつづけ、ビクトリア州ばかりではなくNSW州の一部でも洪水警報が出され始めた。

シドニーでは、先週湿度が80%になりジメジメした暑苦しい日がつづいた後、26日から豪雨が始まり、オーストラリア・デイの振り替え休日である月曜の今日もずっと雨は降り続いている。夏休みが終わり水曜から各学校が始まるがこの雨予報は今週すっとつづいている。

このオーストラリア大陸の広大さをいまさらながらのように感じるが、現在大陸東部では上の半分ほどが洪水や豪雨に、下のある地域では山火事の被害を受けているのである。

日本では、大雨により河川に接する海抜の低い地域への浸水や土砂崩れなどの被害は珍しくはないが、山火事はまだまだオーストラリアやアメリカに比べれば少ないであろう。

もちろん林野火災発生の危険性とは隣合わせの国であり、近い将来の懸念としては、日本でも異常な暑さの夏がつづけば、オーストラリアのような山火事発生は避けることが困難となり、また台風による洪水などの水害はどんどん大きくなっていくであろう。

今オーストラリアをみていると、地震や噴火を除いた地球上各地で起こりえる天災が一国で同時に発生している。

2011年ブリスベン市の中心が浸水して多くの郊外の家々を襲った大洪水があった。あの災害からの教訓は、あの後何かで生かされたのか?ひ弱な人間は自然の猛威と上手く共存していく街作りをしていくしかないようである。

少しでも被害を避ける方法を編み出す手を一刻も早く考えていかなければいけない。地球災害は増える一方であるからだ。

 

|

« オージーが自国選手を応援しない理由!             Australian Open2013 | トップページ | 世界で最も生活費の高い都市 東京大阪につづきシドニーが第三位に! »

地球災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257006/49007691

この記事へのトラックバック一覧です: 地球災害縮小版! 山火事と洪水に襲われるオーストラリア  :

« オージーが自国選手を応援しない理由!             Australian Open2013 | トップページ | 世界で最も生活費の高い都市 東京大阪につづきシドニーが第三位に! »