« 太陽黒点・フレア波はエイリアンの仕業?巨大火山噴火? 超自然現象をTVから学ぶ | トップページ | 国立公園ブッシュランドの横 ワンちゃんから癒された仕事          »

ブランド、高級志向に走らなくても華麗に変身した娘     in Sydney

 

先週、娘の学校のフォーマル・パーティが催された。

 

オーストラリアではフォーマル(FormalUSではPromという)と呼ばれ、10年生(日本の高校一年)と12年生(高校3年生)がそれぞれ学年度末に正装(男子生徒はスーツとネクタイ、女性徒はワンピース)してパーティを催す。生徒が組織委員会をつくり予算を立て会場を選び予約や主催する仕組みになっている。

 

学校によりレストラン、また船を貸しきりシドニー湾クルーズなどもあるようだ。

 

 

 

フォーマルといえば、いったい誰と行くのか?というのが十代の若者の焦点となるところであるが、わが娘は女子高に通い他校の男子生徒の招待も可能というものであった。

 

 

 

パーティー参加料を私に言わずにこっそり自分で払っていた子であり、誰かを招待するのにさらなる予算がかかるのを心配していたようでもあった。

 

私は娘の参加料を払い、「もし招待したい誰かがいるなら、お母さん払うからね。」と告げたが、まあ真相はそんなボーイフレンドもいないといったところである。母としては、まだ16歳だからいなくていいよね!とほっと胸をなでおろした。

 

 

 

当日は朝から友達の家に集まり、皆で髪結いとお化粧をし合って会場に向かった。

 

高級私立高校の女子生徒がブランドドレスに身を包みリムジンを貸しきって行くのと比べれば質素なものであった。

 

 

 

娘はドレスと靴を中古品を扱う店から買い、バックだけ新品を買ってあげた。少し前にドレスを選ぶために友達についていき、「レイチェルが新品200ドルのドレスを買ったけど、私のほうがもっといいデザインよ!」と嬉しそうに話しているのをみると、この子はブランド志向、物質主義に走る十代ではないんだと思え、分別ある大人になりつつあることが嬉しかった。

 

 

 

最近、仮免許を取ったばかりの同級生の両親がBMWを買い与えた!などという話を聞いても、「馬鹿な親よね、信じられないでしょ!」という感じである。

 

 

 

ある知人の息子(12年生)は、ガールフレンドから招待を受けてフォーマルに参加するのに、借しタキシード、車の手配その他諸々で数百ドルを払うのだ、と親が頭を痛めていた。

 

 

 

このフォーマル、学校によっては多大なお金をかけるようで、気になるのは、それが払えない生徒は参加できないということにある。

 

日本語を教えている男子生徒(男子校)は、去年のフォーマルには値段が高すぎて、いっしょに連れていく女子生徒も見つからず行かなかったそうだ。

 

学校の楽しい行事の一つになるはずのフォーマルがそんな形で終わるのはちょっと淋しい。

 

 

 

ここ数週間大雨の天気に見舞われたシドニーであったが、11時過ぎに迎えに行くと、雨もあがりハーバーブリッジとオペラハウスの夜景が雨に洗われキラキラと美しく輝いていた。頬をピンクに染め「ハイヒールが痛い!マムの言うとおりだったわ!」と裸足で歩きだす娘、「だから言ったじゃない」とホクソエム私であった。

 

「こんなにカカトの高い靴なんて長時間履けないでしょ!」と娘が選んだ時に言ったのである。まだまだ母は正しいのである。

 

 

 

 

 

|

« 太陽黒点・フレア波はエイリアンの仕業?巨大火山噴火? 超自然現象をTVから学ぶ | トップページ | 国立公園ブッシュランドの横 ワンちゃんから癒された仕事          »

十代の子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257006/43172232

この記事へのトラックバック一覧です: ブランド、高級志向に走らなくても華麗に変身した娘     in Sydney:

« 太陽黒点・フレア波はエイリアンの仕業?巨大火山噴火? 超自然現象をTVから学ぶ | トップページ | 国立公園ブッシュランドの横 ワンちゃんから癒された仕事          »