« 9.11の日に思うこと ‘運命のいたすら’と日本人としての義務 | トップページ | 我が家の新しいペット   蚕観察に癒される日々    »

十代の娘をもつお父さんへ   Noの言葉も必要なのでは!

 

娘の親友、また交換留学生として日本行きが決定してからずっと日本語を教えていたジェシカが今横浜にいる。9月からホスト・ファミーリーの家に滞在して念願であった日本の高校生となり、彼女にとっては冒険のような新生活が始まった。

 

 

 

先週末、PCを使ったビデオ・コールで話す機会があり、彼女の嬉しそうな声を聞き安心したが、ある事でホームステイ先の母親が困っていることに気づいた。

 

 

 

ジェシカは誕生日が迫りあるカメラがに欲しくて、それをオンラインで探し出し購入しようとしていた。日本のお母さんは、彼女の探したものがあまりにも高価であり、それと同値段のカメラなら、もっと高性能で良いものがあるから、カメラ店をまわって調べてから購入したほうが良いと思っていた。

 

 

 

しかしジェシカはどうしても誕生日までに欲しいと言いはる。(ここで注意点は、彼女はすでにデジカメを持っている)

 

その時点であと一週間しかないのに、ホームステイ一家がカメラ店にいける時間は限られてしまう。その上、会話が上手く出来ない、英語の説明書が必要、日本とオーストラリアは電圧が違い、カメラのバッテリーの充電器を使用する際には変圧器が必要になってくる。ちょっと面倒くさい課題がいくつかならんでおり、日本のお母さんの困惑はよく理解できたのだ。

 

 

 

その時は、ジェシカには「なにも誕生日までに決めないで、時間をかけてしらべたほうがいいよ」

 

またお母さんには、「遠慮しないで自分の娘さんに言うように、出来ない事ははっきりと出来ないと言ってやってください。今後ホームステイが数ヶ月あり、なんでも彼女のいいなりになっていたら、その期間中疲れてしまいますよ」と言っておいた。

 

 

 

その電話を切ってから、娘から「マム、あなたはジェシカのお母さんではないから、ああいう言い方はよくないよ。でもホームステイ先の人には必要な言葉だったね。」と言われた。

 

そうか、ジェシカはシドニーの両親に連絡を取り承諾を得たと言っていた。それなら私が口出すことではなかったのだ。ちょっと気になった。

 

 

 

そして数日たった後、ジェシカのお父さんが「会いたいから時間はあるか?」と言ってきた。きっとこのカメラのことだなと思いつつ彼と会った。

 

なんとお父さんは、娘の誕生日に間に合うように、今から日本のカメラ店に電話してカメラを購入、娘のホームステイ先に発送してもらいたいと言ってきたのだ。

 

お父さんの娘を思う気持ちはよくわかるが、ちょっと待って!と私の目は点になった。

 

いくら私が日本語を話せても、電話で高価なカメラを買うというのはあまりにも無謀な行為である。カメラ店のほうだってきっと困るであろう。

 

娘が日本にいるのだから本人が手にとって調べさせればいいのである。もうなんで誕生日に拘るの?

 

 

 

私は、ホームステイ先の家族とジェシカに説明した言葉と、日本でのカメラ購入事情を父親に話した。彼も事情を聞き、慌てて誕生日までに買うのは賢明ではないことに気づいたのだ。もちろんシドニーから電話して買うなんてとんでもないのである。

 

 

 

彼は「娘に慌てずに時間をかけて探しなさい」と説得することに決めたが、

 

「君と話してこの結果になり、君の名前を使ってもいいか?」と言ってきた。

 

 

 

「いいですよ、わたしが悪者になりましょう!!!」まったく苦笑である。

 

 

 

どうして父親は娘に甘いのか?

 

まだ来たばかりの留学生を預かっているホームステイ先の方が「もうちょっと探してみたら、こんなことは短時間ではできない」と言えないのはよく理解できるが、実の父親が娘の言いなりになっているのには首をかしげる。

 

 

 

日本のお父さんに‘彼の爪の垢を煎じて飲ませたい’と思えるほど、子供をとても愛し大切にする英国人の彼は、娘を自由奔放に育てている。欲しい物はなんでも与えてきていた。でも現時点では日本とシドニーと距離があるから今まで通りにはいかない。

 

 

 

お父さん、たまにはNoと言ってもいいのではないでしょうか?

 

 

 

|

« 9.11の日に思うこと ‘運命のいたすら’と日本人としての義務 | トップページ | 我が家の新しいペット   蚕観察に癒される日々    »

十代の子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257006/41741614

この記事へのトラックバック一覧です: 十代の娘をもつお父さんへ   Noの言葉も必要なのでは!:

« 9.11の日に思うこと ‘運命のいたすら’と日本人としての義務 | トップページ | 我が家の新しいペット   蚕観察に癒される日々    »