« ツール・ド・フランスでついに優勝 自転車少年の夢を果たした日! | トップページ | シドニーの冬模様はこんな風です!         2011年8月 »

大学生になったオバサンのため息! 嵐のあとはひたすら勉強        その1

 

7月があっというまに過ぎてしまった。日中最高気温が数十年ぶりに最低を記録する日があったり、シドニーってこんなに寒かったかしら?と思わせる日々がつづいた。

 

 

 

シドニー空模様ではないが、サイクローンとまで呼べないちいさな嵐が我がやを吹き巡った月でもあった。 8月に入りいつものシドニーの青空(完璧に美しい冬)が戻るとともに、わたしも自分なりの時間を取り戻しつつ、やっとペンを取りこのブログにもどってきた感である。

 

 

 

この嵐とは、「日本へ行くからそれまでになんとか日本語を勉強したい!」というグループに日本語強化訓練をしたこと、それと自分が突然学生に戻り、今学期からカレッジで翻訳コースを取りはじめたのである。

 

 

 

数年前に同じカレッジで通訳コースを取り免許を取得した。 その時は、夜間に翻訳クラスも取っており、合間に仕事と子育て、家事全般というハリケーンを体験した。 半年間、鼠が籠のなかの玩具をクルクルまわるように全力疾走をして心身ともに憔悴した挙句、試験の日は胃痙攣をおこしたくらいだ。

 

それでも今ふりかえると、苦しかったけど充実していて楽しい思い出である。

 

その時いっしょに勉強した同級生の一人は生涯の友になった。

 

 

 

日本でも大人やシニアの大学クラスや市民講座などがきっと増えていると思われるが、ここオーストラリアも同様、歳に関係なく勉強できる環境がしっかり整っている。

 

 

 

この初心者向け翻訳コースは、オーストラリアでは始めての試みであり、カレッジの語学コーディネーターは力を入れている。 中国語と日本語とあり、日本語の先生陣は、修士号を数年前に取得したばかりの若い日本人とオーストラリア人である。 彼女等は一生懸命情熱を持って教えてくださる。 生徒は7人と小規模クラスで、年齢層は日本からの学生20代から地元で退職された方まで様々である。

 

 

 

机に座って勉強をするのは数年ぶり、初日は頭脳が‘もうこれ以上作動しません!’というくらいギュウギュウに翻訳をつづけ、いったいどうなるものか?と不安であった。

 

それでも3週目に入る頃から、きついけどなんとか脳が軌道開始したようである。

 

もちろん、いままでの自分の英語はいったい何だったの?という落胆も大きかったが、落ち込んでいる時間はない。この勉強時間を与えられた環境にただただ感謝の日々である。

 

 

 

週末必死に宿題をやっている私を横目に娘が、

 

「マムもこれでやっと私の気持ちがわかるでしょ?」とニタニタしていた。

 

お母さんが一生懸命にやっている姿というのは、子供にとって嬉しいようだ。

 

8月は南からの強風が吹き荒れるシドニーであるが、我が家には柔らかな風が流れてもらいたいものだ。

 

 

 

|

« ツール・ド・フランスでついに優勝 自転車少年の夢を果たした日! | トップページ | シドニーの冬模様はこんな風です!         2011年8月 »

海外教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257006/41059671

この記事へのトラックバック一覧です: 大学生になったオバサンのため息! 嵐のあとはひたすら勉強        その1:

« ツール・ド・フランスでついに優勝 自転車少年の夢を果たした日! | トップページ | シドニーの冬模様はこんな風です!         2011年8月 »