« 大学生になったオバサンのため息! 嵐のあとはひたすら勉強        その1 | トップページ | ザトウ鯨の赤ちゃん 一人旅の行き先は?            ゴールド・コースト »

シドニーの冬模様はこんな風です!         2011年8月

 

シドニーに住むようになって12年たつ。

 

アメリカから引っ越してきたばかりの当初は、南カリフォルニアの乾燥した温暖な砂漠的な気候との違いに戸惑った。四季があり湿度もある。これはとても嬉しかった。

 

最初の数年は、78月(冬)の降雨量が多く、家のまわりに林立していたユーカリの大木の樹皮を大量の雨水が流れていくさまが珍しく見入ったこともあった。

 

夜中に大粒の雨が降り、朝になると何事もなかったようにカラっと晴れ上がる冬が多かった。5,6年前はその冬の大雨もほとんどなく干害の被害に襲われた。

 

 

 

そして今年の冬はまた例年とは違う。

 

7月は数十年ぶりに、日中最高気温が16度以下という寒い日がつづいた。そんな7月末から8月初旬にかけては、一気に気温が上がり、日曜日(7日)に気温が下がったが、もし20度を超えていたら、10日間連続日中の最高気温が20度を超えるという記録を更新するところであった。

 

そして今朝、最低気温は9度、予想されている最高気温は18度である。

 

この極端な気温差に体がついていくのがとてもきつい。

 

娘は先週風邪が治ったと思っていたのに、今朝またぶりかえした。わたしは咳にやられ、軽い気管支炎になっている。

 

(シドニーと一言で書いてしまっているが、観光名所のブルー・マウンテンの最低は4度であるから、場所によって多少の差あり)

 

 

 

それでもお隣りキャンベラに比べれば、気候に恵まれたシドニーである。

 

キャンベラは高地に位置しているせいなのか、オーストラリア中で一番寒い。今週は最低気温が-1℃、1℃,2℃である。去年娘がキャンベラに遠足に行き、日中最高気温が4℃という最悪な博物館めぐり日を体験した。

 

 

 

前からよくこのブログで書いてきているが、シドニー・オーストラリアでの気象状況が半年あとでやってくる日本の気象傾向ととても似ていると感じている時がある。

 

 

 

前回の夏、オーストラリアでは豪雨・嵐・強風・サイクローンがつづいた。シドニーでは熱波日7日間連続という160年の気候記録史上初の記録となった。

 

まさに今年の日本の夏が似たような状況になっている気がする。

 

 

 

タイトルは覚えていないが、10年ほど前に観た未来を想定したある映画のワンシーンに、NYで7月なのに雪が降るというのがあった。なんだかこれはもう映画だけのシーンではなくなっていくかもしれない。

 

 

 

昨日、ロンドンでの暴動、またアメリカ軍のヘリコプターがタリバンに打ち落とされ尊い命がいとも簡単に消えていった。

 

地球温暖化や異常気象から、天災という強敵が人間界を襲いつつある最中、こんなことがあっていいのかと首をかしげてしまう。

 

 

 

今、我々がしなければいけないことは、異常気象や天災への備えと対処ではないのだろうか?

 

|

« 大学生になったオバサンのため息! 嵐のあとはひたすら勉強        その1 | トップページ | ザトウ鯨の赤ちゃん 一人旅の行き先は?            ゴールド・コースト »

地球災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257006/41126253

この記事へのトラックバック一覧です: シドニーの冬模様はこんな風です!         2011年8月:

« 大学生になったオバサンのため息! 嵐のあとはひたすら勉強        その1 | トップページ | ザトウ鯨の赤ちゃん 一人旅の行き先は?            ゴールド・コースト »