« 離婚後の親子のあり方  日本と他国との違いは?      in Sydney | トップページ | 1月 シドニーをさらにおもしろく! 現地のイベントチェックお勧め! »

欲しいものをプレゼントできる賢く合理的な方法

‘クリスマスに不要な物をプレゼントしてもらい、その返却もしくは交換に長い列ができる’、というニュースを観たり聞いたりするたびに、プレゼント交換もいいが、相手が何が欲しいかわからず、またもうすでに物に溢れているのに無理やり物を選びプ贈るという習慣は変えたほうがいいように思う。 なんと不要なクリスマスギフト(Unwanted Xmas)を売ることのできるサイトまである。 こんなのを観たらクリスマス前のあの買い物客の行列はいったい何?と目が点になる。

アメリカの友と新年の挨拶をしていたらあることを教えてもらった。

彼女のある知人が乳癌に侵され切除手術をしたものの、リンパ線から癌細胞がひろがり化学療法をしなければいけなくなり、その間家族(夫と子供)の食事の世話をまわりの友達が分担することになったそうだ。 それを登録するサイトがあり、友達はそれを作りまわりに呼びかけたところ、即その‘食事お運びリスト’が埋まってしまい、さらにお金を集め、2ヶ月間掃除人をその家に送る手配もしてしまったそうだ。 まわりの友達の温かい援助には頭がさがり、またその便利な登録サイトにも感心してしまう。

もともとアメリカには結婚式や赤ちゃん誕生お祝いパーティ(Baby Shower)の際に、デパートやお店に欲しい物を登録できるシステムがある。 結婚のお祝いとして受け取りたい物、例えば台所製品、家庭用品など自分の好みのデザインや色をあらかじめ選んでおける。 結婚式に参加する親戚、友達にその店を知らせ、皆はその店に行き、当人等の希望するものを各々の予算に合わせて購入するというシステムである。 これは好みのものがプレゼントしてもらえるから、贈る側にとっても受け取る側にとっても便利で合理的なのである。 私もその登録をしておき、自分達では高額で買えないような物や好みのお皿やシーツなどが頂けたのはとても嬉しかった。 その登録を連絡してなかった遠方の親戚からは銀製品やクリスタル製品が届いたから、アメリカではそれが慣習の結婚お祝い品であろう。

ここ最近の日本は知らないが、結婚式はお金を持っていくのが一般であろう。 もちろんそれが一番合理的ではあるが、親戚はいくら、友達はいくらと相場の決まった高額なお祝い金は頭が痛くなるし、また受け取る側も、その半分くらいをお返しするという、それもまたまた頭が痛くなる。 ここ数年、冠婚葬祭のお返しには選べるカタログがあり、そこから選別はできるようになったようだが、最初からお返しなんていらないから、当人等の必要な物だけ贈れたら、どんなにいいのか!と思うのだ。

クリスマスに不要な物を贈ったり、日本のお返しなどの習慣はもうやめて、この病魔に侵されている人々や、生活に困っている人々を助けていける登録サイトがどんどん増えていけばいいと願うのだ。

|

« 離婚後の親子のあり方  日本と他国との違いは?      in Sydney | トップページ | 1月 シドニーをさらにおもしろく! 現地のイベントチェックお勧め! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257006/38304995

この記事へのトラックバック一覧です: 欲しいものをプレゼントできる賢く合理的な方法:

« 離婚後の親子のあり方  日本と他国との違いは?      in Sydney | トップページ | 1月 シドニーをさらにおもしろく! 現地のイベントチェックお勧め! »