« 犯罪低年齢化への対処は? いじめへの補償が認められる! Australiaいじめ事情 その2 | トップページ | たかがオーストラリア製品、されどオーストラリア製品!  甘くみないで!  »

若者の飲酒乱用ついに世界1位!お酒の値段をあげる要因になるのか? in Australia

ニュースで‘オーストラリアの若者の飲酒による暴行、乱用、飲酒依存が増加をたどり、ついに世界1位になる’とあった。まったく不名誉な話であり‘その対策の一つとして値段を高くすれば?’という案が持ち上がった。この国のタバコの値段はとても高く(タバコ一箱10ドル~する)、つい最近また値上げしたが、それにより喫煙者が減ったのであろうか?タバコはまわりに迷惑をかけるからどんどん値上げてほしいと思うのだが、お酒も?と気になった。

数週間前ロシアで山火事が発生、その影響で穀物輸入量が激減すると予想され、オーストラリア国内のパンやビールの値段が上昇するというニュースを聞いたばかりである。この時は、へえ、オーストラリアの穀物は自給自足ではなかったの?と驚いた。

しかしロシアの山火事による原料不足からの値上げの影響は仕方がないとしても、このオージー若者達の愚かな行為により酒税や値段を上げるというのはどうも腑に落ちない。量はたくさん飲めないが静かにおとなしく、ほんの少しワインやビールを楽しんでいる一般庶民にその波風が襲ってくるのはおかしいのではないだろうか?(自分のことです)

タスマニアの生牡蠣やニュージーランドのムール貝とオージー産白ワイン、オージー牛のフィレや子羊と赤ワインの美味なこと。我が家の平和なワイン&美食会の値段をあげるなんて!と少々腹立たしくなった。

今年の4月、アメリカ カリフォルニア郡はファーストフード店で、485カロリーを越える食べ物のおもちゃ添付を禁止することにした。マクドナルドでハッピー・ミールをおもちゃ目当てに買う子供は多い。ハイカロリー、高脂肪、食品添加物を含む食べ物の消費量を規制することにより子供の肥満を保護するというものである。

そのニュースの後、アメリカのあるトークショーで、ある女優が「わたしはあのおもちゃのコレクターよ、ハッピー・ミールのおもちゃがなくなるなんて!子供すべてが肥満ではないのだから、そんなことは親が管理することである」と話していた。まったくの同意である。

個人各々で管理するべきことを自制のきかないある一部の人間のために政治が関与しているのもおかしい。子供の頃、グリコのおまけが大好きで集めた覚えがある。こういうものを楽しみにしている子供がほとんどではないだろうか?

子供の肥満化の大きな問題は認めるが、ハッピー・ミールが大きな原因とは思えない。不健康なファーストフードを習慣化させてしまう親がわるいのだ。そんな手段より、イギリスのジェミー・オリバー(有名なシェフ)のように学校や親に食べ物選択の重要さを教育するほうがもっと大切である。

1月にこのブログ‘Happy Australia Day”の実態は?’でもふれたが、オージー若者の飲酒問題はとても大きな社会問題である。その時は、現時点のお酒の飲める年齢を18歳から上げるという案が持ち上がったが、結局何もかわっていない。もちろん年齢や値段を上げてその問題が解消するとは思えないのだが。

若者の飲酒問題も子供の肥満化も簡単な対処法ではすまされない深いものがある。こういうときに普通にちゃんと暮らしている人間に影響を与え、我慢をさせるという世の中は公平ではなく、真によくないのである。

情報元:CNN  channel 9 news

|

« 犯罪低年齢化への対処は? いじめへの補償が認められる! Australiaいじめ事情 その2 | トップページ | たかがオーストラリア製品、されどオーストラリア製品!  甘くみないで!  »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257006/36135582

この記事へのトラックバック一覧です: 若者の飲酒乱用ついに世界1位!お酒の値段をあげる要因になるのか? in Australia:

« 犯罪低年齢化への対処は? いじめへの補償が認められる! Australiaいじめ事情 その2 | トップページ | たかがオーストラリア製品、されどオーストラリア製品!  甘くみないで!  »